ブログテーマをCocoonに変更しました(2018/5/4~)

うつになったらがんばらないようにがんばる

うつ病関連

早く治すには、原因を取り除く

うつって真面目できっちりしている人ほどかかりやすいそうです。完璧主義だけどなかなか思う通りにできなかったり、真面目で明らかにキャパを越えた仕事も任されると全力でやらなきゃ!と思いますが、それらが過度なストレスになり、そこに責任感から断れず人に振れず長時間残業になり、寝不足だったり過敏性腸症候群などが重なって、溜まったストレスが許容量を超えて抑うつ状態になります。

また、人間関係で悩んでも「いい人」なので自分に非があると思い込んで逃げ出せずに、逃げるという選択肢すら考えられずに自分を押し殺し、気が休まることもなく毎日顔を合わせるだけでストレスになり仕事にも支障が出て以下略。そんな人が休職となった時、「早く治さなければならない」と思うのは必然で、会社や仕事の事を心配しながら無理に規則正しい生活をしようとしてできず深みにハマる、という私の体験談です。

うつ病も「病」ですから、本当に早く治したければまず原因を取り除く必要があります。アレルギーとかそうですよね、怪我や病気も薬や手術で治療すると思いがちですが、まずそうなった原因を取り除かないといつまでも治療を繰り返す事になります。

うつ病の場合はとにかく「ストレスを感じないように生活する事」です。仕事が原因であれば仕事をせず、仕事の事も考えずとにかく休職中は休む。人間関係であればその人に会わないようにする、考えないようにする。単純な事ですが、どうしても気になってしまうでしょう。

抑うつ状態だと診断されるような段階になった時点ではまだ「働きながら治す」なんて考えがちですが、残業抑制だけじゃストレスの増え方が多少緩やかになるくらいで、快方に向かうことはありません。諦めて薬飲んでひたすらダラダラしましょう、その方が早く社会に復帰できます。ここで粘ると治るまでの期間が長くなり社会に復帰できない場合があります。

20120804_153211.JPG

「しなければならない」をとにかく除外する

また休職したはいいけど早期復職を焦るあまり、治療開始直後から無理矢理規則正しい生活をしようとしたり、活動的に過ごしたりしてしまいます。

「朝早く起きなければならない」「会社に行かずともちゃんとした生活をしなければならない」「時間があるから資格の勉強をしなければならない」また主婦の方であれば「家事をしなければならない」「子供の世話をしなければならない」「親の介護をしなければならない」等、沢山の「しなければならない」があると思います。(今のご時世家のことを全部主婦に任せるのはどうかというのは今はさておき)

早く治すためにはこれらの「しなければならない」をできる限り排除しましょう。

生活リズムが社会生活的には逸脱しますが気にせずに、休職になったばかりの頃は薬の効き方に身を委ねると精神的には楽です。おそらくうつ病の方は同時に睡眠障害も出て、睡眠導入剤が処方される筈です。私も少量出ていましたが、睡眠導入剤に抗う生活の方が苦痛です。まず睡眠導入剤が必要なくなるまでを目安に、今までの睡眠時間の借金を返すと思って存分に眠ってください。

また時間があると元々の職種の資格の勉強等をしたくなりそわそわすると思いますが、休職する前を思い返してください。おそらく集中力、記憶力が低下している状態だったと思います。そんな簡単には戻りません。その状態でやり始めると「勉強しているのに覚えられない」「意味が理解できない」為、落ち込みます。

今までの趣味からも少し距離を置いた方が良いでしょう。そもそも抑うつ状態では美味しいものを美味しいと感じられません。楽しい事もその瞬間は楽しいかもしれませんが、反動でしばらく動けなかったりします。適度な運動がうつに良いと言っても、それはうつにならない予防策として良いのであって、抑うつ状態で運動すると運動する→しばらく動けないを繰り返し、続けられないので自然と外に足が向くまで大人しくしていましょう。

家族の問題であれば協力を仰ぎましょう。親世代だとうつ病に理解がない場合がありますので、その場合は一緒に通院して「お医者様から」休むように言ってもらいましょう。「お医者様」の言う事なら割と聞きます。

簡単ではないと思いますが、とにかく「何もしない」をできるようにちょっとだけ頑張りましょう。

そんな期間にオススメの時間つぶし

旅行やドライブ、ライブに行くなんてのは楽しいですが抑うつ状態では心身ともに耐えられない可能性があります。インドアメインで「辛くなったらすぐ辞める」つもりでゆるゆると過ごしましょう。

散歩

インドアと言っておきながらいきなり外出です。「運動」は控えたほうが良いですが、ご飯の買い出しがてら少し散歩すると良いでしょう。最近はポケモンGOも流行ってますし。ただし出不精で外に出る準備が苦痛な間は無理に行かないほうが良いでしょう。最初はちょっとした寄り道程度で十分です。

スポーツ観戦(テレビ)

野球やサッカーの試合等、ぼーっと見てると時間を潰せます。贔屓のチームを作るのも手ですが、負けると必要以上に悔しく感じる場合は全く関係ないスポーツを見ると良いでしょう。スマホアプリでNBAやMLB、レッドブルTVを視聴できるアプリ(なんと純正アプリ。さすがアメリカ)があるので見てみると良いかもしれません。

春や夏だと高校野球を一日中やってるので横になりながら見てるのも良いかもしれません。

漫画喫茶でひたすらマンガを読む

ジュースも飲み放題だし空調も効いてるし難しい事考えずにマンガに没頭するとつらい時を忘れられます。疲れたらちょっと横になれるし。あの長編マンガを読むチャンスかもしれません。買うよりお金かからないしね。

ゲームをする

この際レトロゲーをゆっくり攻略するのはどうでしょうか。WiiやWii U、3DSを持っていればVCで昔のゲームを買えるし、PS3/4もPS、PS2時代のゲームを買えるんだっけ?または中古屋で安い本体を買ってきて手探りでやるのもいいですね。元気になったらRTA動画を投稿するんだよ、おうあくしろよ。

とにかく「無理しない」「集中しようとしない」「疲れたらやめる」を心がける必要があります。あと「今は以前より楽しいと感じない」ということを意識した方が良いです。その上で「これならまぁダラダラ続けられるかな」というものを見つけましょう。明確な目安はありませんが、最低限薬を飲み始めて薬が効いてくるまでは特に何もしない事をオススメします。ひたすらダラダラ過ごして「退屈だな」と思い始めた、なんてのも一つの目安かもしれません。

まとめ

  • 早く治す為に原因を取り除く
  • 睡眠導入剤が不要になるまで寝てる
  • 抗鬱薬が効くまでがんばらない

「早く治す」ために、「がんばらないように」頑張ってみましょう。

今日の雑談

札幌も連日暑いです。10年前札幌に来た頃は夏の夜も寒いなってくらいでしたが、もう北海道もクーラー必須ですね。熟睡できていません。

人間だけならネカフェなり猫カフェなり、涼しいところに避難すればいいのですが、うちにはにゃんこがいるのでじっと耐えてます。窓開けて風が通ってギリギリですね。来年の春にはクーラー買います・・・。