ブログテーマをCocoonに変更しました(2018/5/4~)

2018日本ハムファイターズを文字だけで振り返る

野球

なんとか開幕前に出したかった一心で振り返りました。

当初は不安でしたが、Aクラスに残りました

2017シーズンは5位に終わりましたが、2018年は3位でフィニッシュしました。

143試合74勝66敗3分

シーズン開幕3連戦は、ライオンズに打ち込まれ3連敗スタートでしたが、5月から夏まではソフトバンクを抑えて2位をキープ。

しかし秋にソフトバンクに追い上げられ2位を明け渡すと、最後まで勝ち切れずCSもファーストステージで敗退となりました。

貯金推移と順位の推移を見直しましたが、西武はポールトゥウインでずっと1位だったんですね。山賊打線怖い。

日ハムも前半で西武に1ゲーム差まで迫ったのですが、抜き切れず。一回でも抜いていれば後半の結果も変わってきたかもしれないだけに勿体無かったですね。

4月に高梨が西武相手に7回無失点、打線も8得点と開幕カードのお返しができると思ったら8、9回に打線爆発して負けた試合なんかもありましたね。しかしその後やり返したりと強いのか弱いのかよくわからないと言えばそんな感じのシーズンだった気がします。

また、最終的に唯一西武にだけ負け越しています。ソフトバンクにも1つだけですが勝ち越しているのに・・・。それでも2位ソフトバンクに7G離されているのは、下位チームに勝ち切れたかどうかの差が出ていますね。

2018年打撃陣を振り返る

まずは打つ方ですが、

得点:589(3位 前年509)
本塁打:140本(3位 前年108)
打率:.251(3位 前年.242)

と、圧倒的な3位力でした。

昨年の5位だった時と比べて全体的に向上していますね。

大谷翔平が抜けた穴が気になりましたが、打率も得点も本塁打も増えました。

中田翔が前年の不調から脱出・・・とまではいきませんが、どの指標もだいぶ上がってきていたり、誰かが特出した数字を出したわけではないんだけども、各選手が少しずつ2017シーズンより数字を上げていった結果だと思います。

中島卓の満塁ホームランも2018年でしたね。中継見ていて、あれ、もしかして満塁ホームランあるかも?と思ってたらまさかのホームランで各所沸きました。

山賊打線に比べると控えめな印象を感じる打線でしたが、ある程度以上は攻撃面では期待に応えてくれたのではないかなと感じます。

今年は浅間がようやく怪我も乗り越えて1軍で試合出てますし、横尾も徐々にホームランが伸びているし、谷口もリハビリ終えて上がってきそうだし、王柏融もOP戦終盤にアジャストしてきてるし、今年の打線は面白いと思いますね。

うまく打線が噛み合えば、マシンガン打線のような感じになるのではないかと期待しています。

清宮がオープン戦の段階で骨折の診断、清水は腰の手術など、期待の若手がしばらく不在なのは心配ですが、まだ若いしじっくり治して帰ってきて欲しいですね。

また、投手だった白村が野手(外野手)転向は驚きました。50試合登板した時の活躍が忘れられないので勿体無いなぁと思いますが、これからの活躍を期待します。

2018年投手陣を振り返る

次に投手成績です。

失点:586(4位 前年596)
防御率:3.77(2位 前年3.82)
得失点差:3(3位 前年-87)

去年よりは少し向上した感がありますね。

山賊打線に燃やされた割には他チームと比べてそれほど悪くはないかなと思いますが、それでも5位だったシーズンとあまり変わっていないので、ここをなんとかしないと2019年も勝ち切れないのかなぁ。

抑え候補のトンキンが残念な結果だったり、石川直が良い時と悪い時がはっきりしていたり、リリーフが打たれる光景が少し目立った印象がありますが、その中で宮西(1.80)、浦野(2.16)、公文(2.17)は踏ん張ってくれましたね。

宮西もインタビューで「公文がいなければもっとしんどかった」って言ってましたし。(多分FFFFFのインタビュー)

先発は上沢、マルティネスが規定投球回数をクリアしていますが、防御率は3点代。開幕投手ロドリゲスは要育成、高梨、加藤、有原は打たれすぎ、村田はもうちょっと投げて欲しいなど。データ見返すと、リリーフよりさらに打たれてますね・・・。

先発が抑えればリリーフが打たれる、先発が打たれたけどリリーフが追加点は許さないみたいな展開が前半戦多かった気がします。

2018年のドラフトでは吉田輝星や柿木連など、投手陣が厚いドラフトになりましたし、高梨とのトレードではありますがヤクルトから秋吉が来ましたし、何と言っても金子弌大がまさか日ハムに来るとは思わなかったです。大事件ですよ。

ハンコックとバーベイトはまだちょっとよくわかんないですね・・・未知数。

来季を予想してみる

打順は正直わからないですね。

ただ、どう組んでも面白い打線だと思います。

ポジション決まってるのはセンター西川とファースト中田、ショート中島くらい?

ただ栗山監督のことですから、ずっと固定ではなさそう。

投手はやはりドラ1吉田輝星がどこで上がってくるか、柿木の方が早いのかが気になりますね。

あとは誰が守護神をやるのか。石川直なのか鍵谷なのか新外国人なのか。胃に優しい人をお願いします。

なんとか2019シーズンもAクラス、できれば優勝オナシャス!