ブログテーマをCocoonに変更しました(2018/5/4~)

汚部屋だった時期もありました

自分語り

部屋が散らかってどうしようもない

大学生時代からなので21歳から25歳くらいまでの期間に住んでいた家の話です。

大学進学を機に実家を出て一人暮らしを始めたのですが、当時は10畳ワンルームの部屋に住んでいました。台所もトイレも風呂もあって初めての一人暮らしの部屋としては十分でした。

大学生時代はお金もないのでモノがなく、今で言うミニマリストのような部屋だったので特に狭いと感じることはなかったです。札幌に引っ越してきた時の荷物は段ボール3つ分でしたからね。その内2つはデスクトップPCとモニタ(ブラウン管)だったので荷物は本当に少なかったです。札幌来てから冷蔵庫だの洗濯機だの電子レンジだの買ってもらいました。

大学生時代は時間はありましたから、掃除もゴミ出しも問題なくキレイに使っていました。入社してからもなるべくきれいに保っていたつもりでしたが、残業の日々が続く中でだんだん部屋が散らかっていきました。

 

2年目の夏の時点では足の踏み場がないくらいモノが溢れていました。もう土日も掃除する気力がないんですね。出社する時に着るものがなくなるんでギリギリ洗濯はしていましたけど。Amazonで買った本とか段ボールとかコンビニ弁当のカラとかで床が見えない状態までいきました。

生ゴミだけはなんとか出していたのですが、不燃ごみは後回しになりがちでカンとかペットボトルとか増えていました。ちなみに生ゴミの日は朝方帰ってきてゴミ出してから寝てましたね。生ゴミだけはなんとかしないと、と強く思っていたことは覚えています。あと茶碗とかですね。放っておくとなんかねばーっとしてるんですよ。どんなに疲れていても皿洗いはしてから寝ていました。

 

彼女(現奥さん)が家に来る時どうしてたんだろうか。。。覚えてないけどその期間は家には呼ばなかったような。もしくはクローゼットに無理やりぶち込んでいたか。

いつか・・・いつかキレイにしないと・・・。そう思っていた矢先、とある事件が起こります。

G、襲来

社会人2年目の夏休みを実家(東京)で過ごし帰ってきた次の日、黒いほうのGを散らかった部屋の中で発見してしまいます。

最初は物陰から脚だけ見えたのですが、今でも鮮明に覚えています。意外と太い脚で今すぐ忘れたい。

hakairoku_kaiji_12_062.png

私は爬虫類も両生類も大丈夫ですが虫は本当にダメです。東京にいた頃はセミがほんと無理でできるだけ外に出たくないくらいでした。階段の踊り場の壁とかにいてそっと通ろうとしてもこっち向かって飛んできますからね。夏の間だけエレベーター使ってました。外出しても木のそばはなるべく通らないくらいです。もうほんとダメです。

 

仕事で疲れて帰ってきて深夜に見つけてしまってはもう寝られません。駆除もできません。その日は彼女(現奥さん)の家に泊めてもらいました。わざわざクルマを出したのを覚えています。

hakairoku_kaiji_12_169.png

 

次の日も同じシャツで何食わぬ顔で出社し、正直仕事中も気が気じゃなかったです。これ以上時間をかけると増える可能性もありますし、いつまでも着替えもできずに彼女のお世話になる訳にもいきません。帰ってきてしばらくどうするか家の外で悩みましたが、ひらめきました。

 

「便利屋さんに頼もう!」

 

スマホ(当時はIS04)でググって上から順番にかけて出てくれた所に来てもらいました。そういえば便利屋さんを舞台にしたエロゲをやってとても感銘を受けたけど、虫の処理ができないだろうから断念したんだよなぁ・・・なんて昔を思い出しました。

便利屋さんは部屋の片付け(ゴミをまとめる)をしつつGを撃退してくれました。しかし見つかったのは1匹で、「基本的につがいでいるはずだから絶対もう1匹はいるんだけど見つからなかったゴメンネ(・ω<)てへぺろ」とのこと。長い夜の幕開けです。

ある程度余分なゴミなどを片付けてくれたので、必要なものを整理しながら戦いの時を待ちます。どうせ狭いワンルームですからその内出てくるはず・・・スプレー片手に掃除開始です。退治しないことには絶対に眠れません。

小一時間ほど掃除をして、久々にキレイになったなーでもこっちにはいないなーと思って洗濯機(室内)の裏側を覗いたらそこにいました。叫びたい気持ちをぐっとこらえて全力でスプレー噴射です。

hakairokukaiji_13_066_1_.png
そっと洗濯機の裏を見ると、見事にひっくり返っているGが見えました。それはそれで見たくないですね。幸い増える前になんとか駆除しました。しかしこれからが本番です。このGが万が一メスの場合、このまま放置していたら増える危険性があります。それほどしぶといのです。もういや。
クイックルワイパーを駆使してなんとかゴミ袋に収容することに成功。やった・・・やったんだ・・・!これで平和が訪れるんだ・・・!

その後

今回の一件でそもそも部屋の収納が足りないんだという結論に至り、安くて広い部屋(2LDKで5万円!)に引っ越していったのだった。

基本的に家に出るGは茶色いやつだが、何故黒いのが出たのか。おそらく飛行機で荷物を預けた際にキャリーバックに入り込んだのだろうと便利屋さんは言った。

札幌だからGはいない・・・そう思っていた時期が俺にもありました。

しかしやつらは虎視眈々と狙っている・・・この地球の覇権を・・・。

-完-

もうちょっとだけ続くのじゃ

ゴミ屋敷になるパターンとして「仕事が忙しくてゴミが出せない」と言うのがあるそうですね。ニュースでやってたので本当かはどれくらいあるかはわかりませんが、独身の場合は特に、忙しいと掃除する気力なくなりますからゴミ屋敷化する恐れがありますね。

 

予防方法としては

  • 定時で帰って疲れを貯めない
  • ミニマリストのようにそもそも散らかるような沢山のモノを持たない
  • 結婚する

などがあります。結婚して奥さんに掃除してもらうというよりかはリスクの分散ですかね。どっちかがゴミ出せばおk的な。掃除も洗濯も食事の用意もお互いの忙しさの波をうまく考慮してやると良いと思います。休職期間中に私は働く奥さんの為に夕飯作ってました。働いてなおかつ夕飯まで作らせていたらたぶんどっかでパンクしてたろうなぁ。

 

今は3度目の引越しをして奥さんとにゃんこと暮らしていますが、極力散らからないようにしています。引越しの時に「これ・・・1年に1回も使うか?」みたいなのは捨てていきました。完全にミニマリストになるのは私には無理ですが、だいぶ余分なモノは処分できたと思います。

常人はあそこまで捨てたら(アカン)。

まとめ

  • ゴミがたまってきたら黄色信号
  • どうしてもな時は外注を検討しよう
  • はよう結婚しよう(精神的支柱として)

疲れを癒しに帰った家が散らかってたら余計疲れます。そうなる前に手を打ちましょう。

今日の雑談

風邪(?)だったのでお久しぶりです。日中の体調は良くなってきましたが、横になると咳が止まらなくて寝れないんですよね。こういう時に限ってGWとは。

金曜日に病院行って薬もらったけどまだ止まらないので耳鼻咽喉科に行ってみたところアレルギーかもしれないってことで採血しました。

結果は来週。

【追記】

アレルギーでしたが、特定のというよりは何かしらが原因で過敏になっていたようです。つまり打つ手はないです(投薬)