ブログテーマをCocoonに変更しました(2018/5/4~)

エアコン温度問題もあるし席固定するのやめようよ

仕事について

オフィスすごい暑かった・・・

「夏はエアコンを28度に設定して・・・」なんて言われて結構経ちますね。夏のオフィスはそりゃあもう地獄絵図でした。外の方が涼しいとか異常でしょ。

こんな中じゃ仕事できないよ・・・なんて思ってたけど根性論とか省エネ論とか女性陣が寒いというのでアイスコーヒーをがぶ飲みしながらなんとか仕事していました。

服にかけるタイプのスプレーを使ったり、冷却マットを使ったり、扇風機をガンガン回したり。却って省エネじゃないような気がするんだけど・・・みんなそれぞれ扇風機回してるし・・・。

なんとかならねぇかなぁと思ってたら、退社した後にこんな記事を見付けました。

オフィスの温度 「28度設定」の根拠は50年前の研究

要約すると、

  • 50年前に研究した健康的かつ衛生的な状態の「許容限度」の上限が28度である
  • 実験によると室温が25度以上だと生産性が下がる
  • 空調によって温度測定の仕方が違うので画一的に「28度にしろ」というのは意味がない
  • 空調よりも蛍光灯をちょっと暗くしろ
  • メーカーは26度を基準にエアコンを作ってるから28度じゃ湿度下がらないから意味ない

って感じです。元記事も読んでね。

20120804_154101.JPG

人によって快適な温度って違うよねぇ・・・

女性陣は28度でも寒いっていう場合あるし、男性陣だって快適に感じる温度って違うし。

そういう人たちを大きなフロアに集めて固定席で最低8時間座らせておくのって効率悪いのでしょ。とある人は28度で凍えそうになり、とある人は28度で茹だって死にそうになり。誰も幸せにならない。せめて湿度が下がればいいんだけど大きいフロアのオフィスって器用に除湿だけってことできないんだよね。

せめてスーツ着なくて良いってんなら「服装で調整」もできるんだけどね。筋肉が仕事着ですみたいな感じになれば涼しく過ごせる。ただし見た目は大変暑苦しいが。

そこでフリーアドレスですよ。固定席なし。涼しい部屋と涼しくない部屋を作って個人が快適な場所で仕事をすれば生産性高くなるんじゃない?そしてフレックスにしつつ席の決定権が着順になればある程度まとまった時間帯にみんな来るんじゃなかろうか。気持ちのいいオフィスだったら会社行きたくないとか思わなくなるし。

在宅でもいいですね。自分の家なんだから自分が快適な気温にするのに誰の許可もいらないわけだし。全裸でもいいわけでしょ。水風呂浸かりながら作業してもいいし。自由度は格段に上がりますね。

「効率化するにはどうするか」みたいな無駄な会議してちまちました作業効率アップ方策をするより環境を良くした方が効果が大きいんだからやってよ。効率上げたいんだろ?嘘なの?ポーズなの?

まとめ

  • エアコンつけるとき基本的に電気代気にするな、死ぬより安い
  • 快適が一番の作業効率アップ方法
  • 企業には常に新しい働き方を導入して欲しい

企業は社員を「預かってる」んだから丁重に扱えよ。壊したら取り替えるって頭ならしっぺ返しを食らいます。食らわせます。

今日の雑談

こんにちは、島田です。

先日大通のビアガーデンで昼間っから飲んで、帰ろうと思って大通駅で電車待ってたら元の会社の人とニアミスしてちょっと気まずかったです。

ここでクッソ煽れないのが自分の限界を超えられない一因である気はしますね。「こんなクソ暑くて天気いい日にスーツ着て何してんすかwww」みたいな。

自分の殻を破ってみようかな・・・。