ブログテーマをCocoonに変更しました(2018/5/4~)

会社に復帰する意思しかなかった

自分語り

最初はとにかく休もう(後悔)

当初は3ヶ月くらいで完治すると思い込んでいましたから、せっかくの休職期間だし今まで行けなかった所に行こうなんて思っていました。今ではそれが長引いた原因の一つな気がしています。今休職し始めた人はとにかく何もするな休め。薬飲んでよく眠れ。

我慢できずちょこちょこどこかへ出掛けていましたが、1日外出する→2日程寝込むを繰り返していました。気合入れればその日はなんとか動けるんですが、反動がすごいんですよね。帰ってきて薬飲んでも眠れなかったり、やっと寝たと思ったら今度は布団から起き上がれなかったり。時間があるのにやりたい事ができなくて布団でのた打ち回っていました。そして何もしていないのに月日はあっという間に過ぎていく。3ヶ月なんてあっと言う間に過ぎていきますが、体は一向によくなりません。非常に焦りました。

そもそも心療内科で処方される薬って2週間~2ヶ月くらいかけてゆっくり効いてくるんですよね。効き始めてからが本当の療養です。生き急いではいけません、まだ骨がくっ付いたばかりなのに歩行練習するようなものです。リハビリ中にまた折れてしまったら完治まで余計な時間がかかります。

なのに私は3ヶ月で復帰できず焦り、半年で復帰するプランに切り替えました。そしてまた出掛けては寝込みのたうちまわる日々を半年くらい続けてようやく気付きます。相当重症だこれ。

休職延長の度に申し訳ないと思った

私は異動(と言っても部署は同じで隣の課ですが)してから休職したので、会社面談の際に同席する上司は休職する原因となった人とは異なる上司です。迷惑をかけているその人の為にも早く治してまともに働きたいと思っていました。そこそこ給料や福利厚生が良かったし、世間的にはそこそこの会社ですからね、簡単には辞められません。あいつの下でなければまだ働ける、そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

復帰目標が3ヶ月から半年、そして1年とずれるごとに「どうして早く治ってくれないんだ」と自問自答していました。毎月の会社面談では非常に申し訳ないと思っていました。来月こそは・・・来月こそは・・・とメンタルでやられてるのにも関わらずここでも自分を追い込んでしまいます。

うつの治療に良いということで日中に散歩している時にも「俺は今この時間何故ここにいるんだ」という思考は拭いきれません。不眠で寝れないと「これじゃまた定時に出社できない」と自分を責めてしまいます。休んでいても気が休まる瞬間はあまりありません。そういった焦りもうつの病状のひとつではあるようです。しかし繰り返すようですが早く治すにはとにかく休むことです。

焦る気持ちはよくわかる、でも復帰したいならとにかくリラックスして休んでくれ。

20140808_152821.JPG

最後は憤慨します

あまり上昇志向はないのですが、同期はこの間も仕事しているんだろうな、とかちゃんと研修受けてるんだろうなとか、賞与貰ってるんだろうなとか昇給しているんだろうなとか忙しい合間を縫って趣味を楽しんでいるんだろうなとか給料貯めて自分の為に使ってるんだろうなとか考えてしまいます。私もメンタルやられずに普通に仕事していれば今も給与賞与を貰っている筈なのに、とだんだん腹が立ってきます。もちろん同期に腹を立てているのではないです。

また面談に同席していた総務の人と保健士の人が相変わらず「ちゃんと生活リズム整えろ」とか「周りは変えられないんだ、自分が変われ」とか言ってくるのでさすがに頭に来ました。この会社には味方がいないなと思いましたね。なんで極端な長時間残業をどうにかしてくれと言っただけでそんなこと言われなければならないのか。人財だなんて言ってるけど結局は文句言わない奴隷が欲しいんだろうなと会社にも不信感が募ります。

私自身で回避する方法もきっとあったでしょう。性格的に難しいけどバックレて定時で帰ることもできただろうし、原因の上司をぶん殴っておけば簡単に部署異動できただろうし。自分だけが辛い思いをして仕事しているわけじゃないなんて考えてたけど、よく考えたら自分が一番辛かったんじゃね?一時社内で一番残業時間多かったし。ああすれば良かったなんて後悔は色々あります。最終的に私を酷使していた上司はまだ会社に残って給料貰ってる上に妻子と普通に生活しているかと思うとほんとうに気が狂いそうになります。是非いつかお礼に参りたい。あなたのお陰で今の生活があります、と。

休職期限の1年半が迫るにつれて「よく考えたらこの会社残る必要ないな」と思いました。2015年12月までは絶対に復帰すると思っていたんですがね。普通に考えて私が戻ることを望んでいる人はいないんだろうなと思って退職を選択しました。ぶら下がってもこの会社その内潰れそうだし。クソ上司も会社もほっとしてるんじゃないですか?うだうだ正論言ってくるやつが辞めて。退職金も120万円くらいで済むし、今後給与は発生しないし。

「辞めてやって清々したぜ!」と言ってやるには自由に時間を使える環境&会社員時代より儲ける必要がありますね。もしくは心からやりがいを感じて仕事をするか。

なんとか社会復帰するだけでなくそういうレベルに昇華できるように頑張ろうと思います。

まとめ

  • うつはすぐには治らないから休職したらとにかく休め
  • 本当にその会社に戻るのかは最初に決めておけ
  • できれば休職するような事態になる前になんとかしてくれ

理不尽な扱い受けて病んじゃう若者ほんと救いたい。

今日の雑談

4ヶ月ぶりに髪を切りました。札幌在住ですがわざわざ小樽の美容室まで髪を切りに行っています。

元々は大学近くの美容室に行っていたのですが、当時担当だった美容師さんが実家で美容室やることになったのでそのまま切ってもらってます。

10年前に北海道に来てからの付き合いなので思い返すと感慨深いものがあります。まぁ新規開拓できるほどコミュ力がないというのもありますが。ドライブがてら通っています。